捨てる

捨てる彼との関係が「禁断」だとか「許されない」関係というわけではありませんでした。
2人は真っ当に知り合い真っ当に恋をして
そして真っ当な気持ちでお付き合いをしていました。
彼は私に対して「甘すぎるのではないか?」というほど優しくしてくれました。
私はその優しさに甘えつつ、感謝の気持ちを抱き
私が出来る範囲で、彼に対して何かをしてあげることが出来たらと考えていました。

お互いに思い合える関係・・・理想的ですよね。
彼と私は何時も週末にデートが出来るわけではありませんでしたが
それも彼の仕事が忙しいからで、不満に思ったこともありませんでした。
忙しい分、連絡を毎日のようにくれていましたので。
しかし、交際もそろそろ2年になろうかと言う段階で、彼と私の間に微妙な空気が入り込んだのです。
彼からの連絡は途絶えるようになり
私から連絡を入れても返事がありません。
最初こそ忙しいからだと認識していたのですが、それだけではないと第六感のようなものが働きました。
切ない予感であるほど当たってしまうものなのでしょうか。
彼はふと、昔の自分に立ち返ってしまったようなんです。
その事で改めて、昔に別れた女性を思い続けている自分に気がついたのだとか。
そこまで知ったら、彼との関係は捨ててしまうほかありませんでした。

人として好きから異性として好きへ

彼との出会いは前の職場でした。
いじられキャラで他人に気まずさを与えない接しやすい人だなという印象を持っていましたが部署が異なる為あまり話す機会がありませんでした。
たまに女子会に一人で顔を出したり給湯室で会ってお話をすることがあり楽しかったのは覚えています。
しかし異性として意識することはなく、人としていい人だなって感じでした。
そもそもタイプからは遠い人でした。
私が会社を辞め半年経った頃ばったり彼と道ですれ違いました。
思いがけない出会いというか再会でした。
またみんなで飲みに行こうねという言葉を再び交わしたもののその日はお互い連絡することはありませんでした。
その後数ヶ月が過ぎ、彼からLINEがきました。
そこで私は彼を飲みに誘いました。
単純にもう一度話したかったのと家が近かったからです。
彼が予約してくれた居酒屋で久々の出会いに乾杯し、お互いの近況意識しだした恋や仕事のことを話し会話が弾みました。
そして、次に会った際、夜景を観ながら彼に告白されました。
ずっと気にかけてくれていたようです。
この人を男として好きになりたいという思いで返事を1ヶ月待ってもらうことにしました。
電話で話したり食事行ったりとても楽しかったのですがやっぱり友達感覚で好きなのであって異性としては見れないかもと思っていました。
1ヶ月経っても気持ちに変化はなく彼には断ろうと思っていたところその時はふいに訪れました。
2人でドライブと温泉へ行き、夜は飲みへ行き初めて1日一緒に過ごし、最高に楽しくてドキドキして男として好きかもっていう気持ちが芽生えたのです。
元々性格が好きだったし、一緒にいて楽しかったから不思議ではないけれど今までにないパターンで正直自分でもびっくりしました。
いつどこで誰とどんな出会いが待っているかなんて予想がつきまえん。
思いがけない出会いやきっかけだってあるんだなと思います。
今でも彼のことは人としても男としても大好きです。